Sunset,Coconut and flipflops -Phuket-

日焼けオイル、ハット、ヒール・・・

「東南リゾート」っぽい荷物をぎっしりと詰め込んで羽田から飛び立った。

S__13565965

 

実は私気づいたけれどタイ人の友達がいなく、タイの人がどんな人なのかよくわからない。

そんなことも含めて、のんびりしながら気ままにプーケットを楽しむ旅。

スタッフさんの「サワディカー」に癒されるDewa Phuket Hotelが今回のタイのホーム。

ホテルにはプールが2つあって、さらになんと部屋にはプライベートプール付き!

 

S__13565959.jpg

今回、可愛すぎて写真をたくさん撮っちゃった場所は「洗面所」と「バスタブ」。これ、可愛いすぎるおしゃれすぎる・・・たまらん。

S__13565960

S__13565961.jpg

こんなバスタブに浸かってみたかった〜なんて思って入ってみたら、結構深かったのはないしょ。笑s__13565958.jpg

ホテルのビーチバーからは森をかき分けてピンク色に染まるサンセットが見える。

ゆっくりと沈んでいくかと思ったら最後は一瞬で地平線にすぽっとおさまってしまう。

サンセットって好きだけどやっぱり沈んだ後がなんだか切ない気持ちになるからやっぱりサンライズを好きになるようにしようかな、なんて。

サンセットは儚いけどサンライズはかっこいいよね。なんか。

 

毎日道で売られているココナッツを買って、そのココナッツを飲みながら1日を過ごす。(日本でもココナッツ道で売って欲しいな〜。)

そしてたくさん道で売られてる中で、通りのココナッツ最安値が30バーツだと気づいた昨日。ちゃんと見比べて買うようにしないとね。笑 (今まで40バーツの買ってたよ)

そんな私の”ココナッツ通り”を写真に収めていたら、遠くから来るバイクに乗ったバシッと笑顔で決めてくれたタイ人の少年?(年齢不詳笑)たち。

s__13565967.jpg

s__13565963.jpg

 

イェーイって言い合ってすれ違って行った笑 これだけで楽しいなんて、旅ってのはもう困っちゃうなあ。

S__13565966.jpg

朝起きてさらっとワンピースを着てビーチサンダルをつっかけて手に40バーツだけ握りしめてココナッツを買いに行く。

「暑くて汗かいちゃうから」というのを言い訳にして(本当はただ単にプーケットの背景とともに可愛い洋服やビキニをたくさん着たいだけ)1日に何回か着替えたりしてみる。

でもせっかく持ってきたヒールはずっと最後までスーツケースに入ったままだった。

プーケットは、ビーサンにワンピースが似合う場所だ。

次回来る時は、靴1つ分軽くして来よう。

 


Sunset,Coconut and flipflops -Phuket-」への2件のフィードバック

コメントを残す